掘り出し物がきっと見つかる!株主優待サイト

お気に入り

7472

(株)鳥羽洋行

  • 業種卸売業
  • 市場ジャスダック

QUOカード

代金の一部が「緑の募金」へ寄付されます。

100株以上継続保有 3年未満:1,000円相当   3年以上*:2,000円相当

1,000株以上継続保有 3年未満:3,000円相当   3年以上*:6,000円相当

* 「継続3年以上保有」の詳細は、ホームページ(http://ir.toba.co.jp/stock_bond/stock_bond_03.html)をご参照ください。


掲載されている写真は優待品の一例であり、実際の商品と異なる場合がございますのでご留意ください。

掲載されている写真は優待品の一例であり、実際の商品と異なる場合がございますのでご留意ください。

前日の終値
株価 2,451.0
優待利回り
0.40%
配当利回り
4.89%
実質利回り
5.29%

株主優待基本情報

権利確定月 9月末日 | 年1回実施
単元株数 100株
優待のポイント 100株以上保有の株主の皆様に、保有株式数と継続保有期間に応じて、QUOカードを贈呈いたします。
優待の種類
  • 飲食料品
  • ファッション
  • 日用品・家電
  • 食事(割引)券
  • 買物・プリペイドカード
  • 娯楽・芸術
  • スポーツ
  • 交通・旅行
  • 宿泊
  • その他
  • オリジナル(限定)
優待の選択制 なし
株数による格差 あり
長期保有優遇 あり
社会貢献寄附制度 あり

シミュレーション

ご所有株式数 優待内容 配当金(年間) ご購入予算
100株 年間
QUOカード
【継続保有3年未満】1,000円相当
【継続保有3年以上】2,000円相当
12,000円 245,100円
500株 年間
QUOカード
【継続保有3年未満】1,000円相当
【継続保有3年以上】2,000円相当
60,000円 1,225,500円
1,000株 年間
QUOカード
【継続保有3年未満】1,000円相当
【継続保有3年以上】2,000円相当
120,000円 2,451,000円
※1株当たり配当金:120円
※2019年3月期の配当実績をもとにしています。

優待企業紹介

(株)鳥羽洋行から投資家の皆さまへ

「信用第一主義」のもと、FAのトータル・ソリューションを提供

代表取締役社長鳥羽 重良

 鳥羽洋行は、社是に「何事にも無理なく、堅実に、しかも進取、独創、能率的に経営し、信用を第一におく」と謳い、創業以来培ってきた「信用」に責任と誇りを持ち、国内外のお客様へ質の高い商品とサービスを提供し、機械工具を取り扱う専門商社として、産業界の発展に貢献してまいりました。特に、生産工場の構成に欠かすことのできない空気圧機器については、1955年代後半の誕生期からいち早くその取り扱いを開始し、お客様と密度の濃い取引関係を継続させています。
 そして現在、当社は、企業のFA(工場の自動化)導入のサポートに力を入れています。海外とのコストダウン競争や熟練工の高齢化対策といった企業の課題に対し、FAによって製造現場のコストダウンや高度化など有効な生産革新の提案を行っています。当社は、“FAプランナー”として、FAのトータル・ソリューションを提供し、日増しに高まるFAへのニーズに対応してまいります。

利益創出企業としてさらなる成長を追求

 世界経済全体に不透明感が増す一方で、産業界においては、自動車の次世代技術の導入、EV車(電気自動車)やハイブリッド車の普及、次世代通信システム「5G」の本格的到来、世界的な労働人口の減少やAI(人工知能)およびIoT(モノのインターネット)の進展等、大きな変化が見え始め、一段とFA化への動きが加速することが予想されます。こうした環境下で、当社の果たすべき役割も拡大していくものと思われ、積極的な事業展開を推進してまいります。具体的な施策として、①熾烈な同業者間との競争に打ち勝つために他社と差別化できる高付加価値商品の発掘、②あらゆる産業で技術革新が進む過程で、当社業容の拡大できる新しい販売市場の開拓、③将来の政治情勢や金融市場の激変、頻発する地政学的リスク等の不測の事態にも対応できる管理体制の強化、④当社の将来を担う感性豊かな人材確保、教育に取り組んでまいります。
 当社は、これらの施策を通じて、あらゆるステークホルダーからの信頼を獲得するとともに、「信用第一主義」をモットーに、利益創出企業として継続的な成長を目指してまいります。

先端技術サービスを積極的に発信

 当社は、2019年7月24日(水)~7月26日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第2回自動化・省人化ロボット展」に出展しました。「自動化・省人化ロボット展」とは、生産現場におけるロボット活用を推進する専門展示会で、生産現場の専門職や熟練者の技能継承に関しロボット活用などで補完できる仕組みの構築等が紹介されています。民間の調査によると、協働ロボットなどが非製造業に拡大されることも期待され、産業用ロボット市場は2025年までに現在の約3倍の3兆円市場にまで拡大する見通しです。このような市場ニーズを背景に当社は、先端技術サービスを積極的に発信してまいります。

企業情報

株式会社鳥羽洋行は、製造業の生産現場で必要な機械工具を販売する専門商社です。戦後、空気圧機器の取り扱いで成長し、近年では産業の製造現場における省力化・自動化に寄与するFA機器の提供で大きな存在感を発揮しています。セールスエンジニア集団の提案力と直販を強みに、製造の現場をトータルにサポートする“FAプランナー”として、日本の産業界における設備投資効率の向上に貢献しています。

住所 〒112-0005
東京都文京区水道2-8-6
担当部署 総務グループ
TEL 03-3944-4031

(外部サイトへリンク)

無料資料請求はこちら


業績情報(連結)

決算期 2015.03 2016.03 2017.03 2018.03 2019.03
売上高
(百万円)
19,007 22,881 22,185 28,500 29,066
営業利益
(百万円)
881 1,279 1,050 1,774 1,895
当期純利益
(百万円)
664 895 765 1,276 1,370
EPS(円) 148.17 207.79 177.48 295.84 317.31
BPS(円) 3,216.62 3,376.79 3,488.04 3,814.88 3,886.39
1株当たりの
配当金(円)
60 100 65 110 120

TDnet情報

TDnet(適時開示情報閲覧サービス)にて開示された情報を掲載しております。

2020/02/12 2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
2019/11/11 2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
2019/10/31 業績予想の修正に関するお知らせ
2019/08/08 2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
2019/06/25 コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/06/25

大和IRモニタークラブのMYページにて、TD-COMサービスのご登録が可能です。

お気に入りに登録しました。
お気に入りから削除しました。